424

S&A オートクリエイト
254-0073神奈川県平塚市西八幡4-7-7
<地図はこちら>
TEL 0463-23-8191
FAX 0463-23-8193
s-and-a@s5.dion.ne.jp

2017年09月25日

IMG_2409

IMG_2410

IMG_2411

510リヤサスメンバーブッシュ、当時からの状態です。荷重やらなんやらで行きたい所で落ち着いてる状態で、入力があれば行きたい方向に動き本来の動きの規制や振動の吸収は行えない状態です。


IMG_2412


IMG_2413
ロアアームも同じ状態です。可動範囲も大きくなり異音なども発生するようになり、点検してみるとリヤーサスペンション自体が人間の力でも全体的に動いてしまう状態です、さすがに入力を規制できず作動時のアライメントはあっちこっちでは落ち着きがありません。ここまで使えばブッシュも本望だと思います、ブッシュを交換すると良いとも言いますがここまでの物ではないのであればやみくもに交換もどうかと思います、さらにゴム硬度の高い物に変更はさらに動きの規制が進みリバンプの荷重がないスプリングの使い方では路面への追従性が乏しくなると思います、ゴム硬度が必要な場合はGが大きい速度域だと必要で低速の速度域では規制が大きいので逆効果だと考えます。ブッシュが固いからゴツゴツするでなく、規制されて追従ができないと解釈した方が素直な考えになります。ブッシュを交換するならばサスペンションの核になる部分はキッチリと固定しアーム類は緩めのゴムでアームストロークを確保し作動時のアライメント変化が少ない事がベストです。サスペンション形状が古いからダメとかでなくそのサスペンションの動きを見極めて何が悪いを判断できれば良い状態で使うことができます。


sandaautocreate at 17:13 

2017年09月21日

IMG_2440

510にホンダK24を搭載車両です。K24はもともとはFFレイアウトしかないエンジンですが、FRレイアウトの510に搭載しています。搭載は簡単な物ではないですが困難でも搭載する意味が多くあるエンジンです。FRだからFRエンジンだとか、ミッションがベルハウジング交換だけで搭載できるからとか、搭載キットがあるからとかでエンジンを選定する安易な事でなく、メリット、デメリットの計算をして得るものが大きいので選択するようにしています。
IMG_2438

燃料タンク周辺です。基本的にキャブの燃料タンクなのでインジェクションに変更すると偏りで燃料が吸えなくなる事が起きるのでコレクターを使いエンジンに供給します。コレクター内の温度上昇があったり。コレクターリターンの問題があったりでコレクターだけでも考慮することは多岐にあえります。近年の温暖化か分かりませんが燃料温度問題は重要なファクターになってると思います。なんとなくですがコレクター自体にプレッシャーを与えた方が温度上昇を下げられるかとも思いますが。
IMG_2439
エンジンリターンです。最低でもフィードパイプと同径のサイズを使った方が良い結果になり、燃料温度や圧力の問題でポンプの空吸いも防ぐ事が可能になります。リターンさせる位置も燃料が自重落下できるところを選びます。レギュレーターで開放され放出のイメージでリターンに帰るのでリターンパイプ内でのプレッシャーはできる限りにマイナス方向に振りたい所で、一気に減圧させる事で燃料温度の上昇を抑制する事にもつながると考えています。プレッシャーがあれば温度上昇も抑えられますが、上昇を抑えるのでなく温度を下げられればと考えると減圧の理論の方が向いていると思います。お座なりにしてしまいがちなリターンもトラブルからの考察でやっぱり奥深いと思います。



sandaautocreate at 08:42 

2017年09月15日

2017-09-15-13-49-03


2017-09-15-13-49-42


2017-09-15-13-49-22


AF0Z0348


sandaautocreate at 13:54コメント(0) 

2016年11月25日

4G63ベルヌーイタイプと純正形状タイプのEXマニを簡易的に比較していました。純正形状タイプは1-4 2-3のペアで仮想の排気が排気でない箇所へ戻っていくのがわかります。ベルヌーイタイプは逆に排気でない箇所に負圧が生まれ引き合う状態を作ります。あくまで簡易テストですが失われてしまうタービン回転に必要なエネルギを効率よく動きます。

 


sandaautocreate at 18:12コメント(0)トラックバック(0) 
ランサーエボの4G63様の純正交換タイプマニフォールドを製作しました。EXマニ割れるからロストでもダメだし、ノーマル割れないけど容量がなどと言われ高耐久のスチームパイプで制作しました。

IMG_5572

IMG_5566

狭いスペースの中でできる限りの長さを稼ぐ様にレイアウトしました。材質はSUS304のスチームパイプ厚みは3mmです。純正マニフォールドに装着されている2次空気のパイプは装着できません。

image
上の写真は完全にノーマルをモチーフにしているタイプです。どうしても2番3番が短くなり排気のリバース率も上がってしまいます。また平たい作りになっているのでターボインの部分で急激に曲がらなくてはならず低い速度なら良いですが速く高温な状態では曲げ部分での非効率がみられます。パイプの容積を太くなりして増やしても最後の合流が悪ければ非効率になります。簡単なイメージで高速道路などの合流車線と同じ様な物と考えても良いと思います。
IMG_5564
当社のマニフォールドは合流書くを切片15°でV角30°になり傾きを10°で制作しています。合流の都合でどうしても高さのある物になってしまいますが平の物よりもはるかに効率は上がります。弊害として遮熱版が装着はできない事になります。
 
IMG_5579
IMG_5578
IMG_5575
高温、高圧を使用するのが前提の材料なので、製造方法がロストワックスだったり、通常のSUS304に比べると遥かに耐久性は高いです。ロストのタイプでは出力の上がった4G63では富士スピードウェイの30分走行でヘアークラックが恐ろしく入り直ぐに使えない状態になってしまい何セットも交換をした経緯もありスチームパイプで制作を始めました。
IMG_5569

IMG_5566
IMG_5565
 価格は¥145000(税別)になります。生産は受注とさせて頂いています。ご利用お待ちしています。



sandaautocreate at 13:45コメント(0)トラックバック(0) 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ