S&A special

2012年03月27日

IMG_2327

以前から、気に入らなかったボール盤の振れ。エンジンパーツと同じ様に気分が悪いので、振れを直してやりました。振れと言うフレーズに反応するS&Aです。なんだかな―と思い?ながら、ダイヤルゲージで2/100いないに調整しました。

こんな事ばかりやっていて良いのだろうか?



sandaautocreate at 09:25コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月04日

エンジンO/H後の現在使用されている車両の試乗車を準備しています。O/H後のお客様の反応が良い事もあり、説明で分からない部分は実際に乗って頂き感じて頂ければと考えています。現在、試乗できる車両エンジンは4G63、SR20DET、4AG4V、などです。動画で見ていただいている、クランクの軽さが実際にどの様なフィーリングになるか体感してください。試乗は予めご連絡を頂いての試乗となりますので、お気軽にご連絡ください。

ただO/Hして変わったのか分からないO/Hよりも、別段に良くなるO/Hの良いと思いましたので。この様な事を考えました。


またエンジンASSYのコンプリートの計画も進めていますので合わせてご検討ください。



sandaautocreate at 09:44コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月22日

IMG_3001510ブルーバードSR20DEのエンジンO/Hが終わりエンジン搭載です、明日はエンジン始動できるか?30日のヒストリックスジャパンに間に合うか?順調にいけば間に合うと思いますが
・・・

sandaautocreate at 22:27コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月21日

先月中ごろにペイントに出ていた510+SR20DETの車両が戻りました
BREカラーから奇抜なオレンジになりました、ローダーから降ろすと燃料タンクをあてがい寸法はぴったりでした。ヒロ君と息子君は何もない室内を出たり入ったりで何やらご満悦のようです。ヒストリックスジャパンには間に合いませんが。完成まであと一息です。 DVC00027DVC00026DVC00023

sandaautocreate at 09:19コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月11日

ブルスポイラー510カーボンフロントスポイラーを制作しました。近頃のスポイラーなどもカーボンが増えましたので510もカーボンで。写真は試作の物で車両に対してのフィッティングを確認してる最中です。フィッティングも十分に収まりが良い状態なので。製品化にする予定です。通常の物よりも横幅を少し増やしていますので
スポイラーの迫力が増しカッコイイ形状です。価格などはこれから決定しますので再度、告知いたします。

sandaautocreate at 15:08コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月01日

BlogPaint3Y8C6436
510の話題が多かったので違う方向の話題です。

アルファード 3ℓツインターボ V型エンジンなのでツインターボになります
低速のやや重い感じや高速道路の合流や登坂などでスムーズにはしります、大人のフル乗車でもらくらく加速です、ブレーキもレクサスキャリパーを移植し確実な制動を確保しました。ホーイールとキャリパーのクリアランスも少しキツメにしたのでホイールからのキャリパー主張した
ブレーキの見せ方です。細かい感じの拘りで車の質感がかわると思います。

3Y8C63703Y8C6451

sandaautocreate at 10:01コメント(0)トラックバック(0) 
BURUme-ta-先日、入荷したオートメーターをストックのスピードとタコメーターの部分に入れ替えました、センターにはSR20DET搭載車なのでブースト計を配置しました、簡単な方法ですが雰囲気が大きく変わります。

sandaautocreate at 09:36コメント(1)トラックバック(0) 

2010年04月24日

IMG_2870
以前のWOLFはV500だけでしたが、新しいシリーズのWOLF V4XですモーテックM4と比べるとかなりコンパクト機能は基本的な4チャンネルです、4気筒ならシーケンシャルで使用できます、モーテックでいえばM4的な感じです。基本のRPMスケールが10000RPMのスケールになっていて(変更も可能)でバイクの高性能車も視野に入れているようです。ということは車で使用すればかなり良いフィーリングになります。
S&Aでは海外製フルコン WOLF AEM MICROTEC MOTEC
や国産ECUなど様々なコンプピューターの経験があります。海外製の物は基本的にデーターが無いので国産コンピューターが調整できる状態では使用ができません、エンジンの根本理論とコンピューター概念が必要になります、海外製のフルコンを使用すれば様々な可能性が広がります。 エンジン不調やECUトラブル、導入をご検討はご相談ください。


sandaautocreate at 22:05コメント(0)トラックバック(0) 
IMG_2887IMG_2886IMG_2885






オートメーター国内未発売です、デザインやカラーは国内には見られないタイプでスピードメーターはUSのマイルではなくキロ表示で国産車にもマッチします。その他メーターも日本おなじみの単位でそれえました。ターボの510に使う予定です、これもヒストリックスジャパンに間に合わせる為に、工場でサンダー平野悩むの時間で、決定したパーツたちです。ご興味ある方はご一報ください。メーターレイウトなどもお任せください。

sandaautocreate at 21:47コメント(0)トラックバック(0) 

2010年04月13日

510+SR20
最近の510ブルーバードはいろいろな所で製作されているとよく聞きます。当社でも問い合わせで510の部品の件やエンジンスワップなどの問い合わせが多いと思います。部品などは価格が分かりやすいのですが、スワップなどハードな作業は分かり難いと思います。
510ブルーバードに限りはパッケージングが可能です。前提としてはSR20DEですが、以前にエンジンメンバー製作治具を作っていましたので。基本的な内容は以下の項目です。
         SR20エンジンメンバー製作
         SR20用ミッションメンバー製作 
         プロペラシャフト製作
         シフト廻りカット加工
         SR20関連電装製作
         フューエルライン製作
         フューエルポンプ(1機)取り付け
         ウォター関連連結作業
         SR20EXマニと車両マフラー連結作業続きを読む

sandaautocreate at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ