電装

2012年01月25日

IMG_18722JZの電源系統を製作、よくスワップマシンでドナー車両のヒューズBOXごとの移植をみますが、エンジンルームがカッコ悪いので、気持は分かりますが、、簡単なので。
今回はヒューズBOXを分解&改造で製作します。
拘りの電源ラインです。 

sandaautocreate at 18:29コメント(0)トラックバック(0) 

2011年11月23日



エンジンスワップするとよくタコメーターなど動ない場合がありますが、拘りのある車で動かないとちょっとさみしいので、動かしていきます。大まかには言うと、ECUや点火系統からタコ信号を拾いますが、NEO6の場合はメーターECUと言われるメーターユニットがありユニットから約7V出力されていて、ECUが7Vを回転に応じてアースに落とす事で駆動しますので、ECU自体からは取り出せません、ならば点火系統ですが、イグニションコイル自体にパワトラが内蔵されている為に出力が取れません。仮に取れたとしても1気筒だけなのでタコは動きません。そこでアダプタを制作しタコ信号を作りだし駆動させます。簡単には行きませんが地道な作業で今回もなんとか動きました。

IMG_1466結局はHR30のタコメーターに合うようにオシロスコープを使い波形を作っていく訳です。これが今回の波形でした。 

 純正メーター動かないはナンセンスかな?
 

これでHR30+RB25NEO6純正風味コンプリートか?

sandaautocreate at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月18日

          IMG_0013
上 インターフェースボード



下 ROMボード



ROMチューンとよばれ、純正ECUを書き換えるのに今まではROMボードと呼ばれる物やROM自体かマイコンに直接書き込んでいましたが、時代は進み独自のマイコン搭載のボードを入れ込む事で高価な機材を使用しなくともリアルタイムに調整ができ、コンサルトの持つ情報をログし調整が格段に広がります。プログラム内容は純正に準じたデータを入れられるのでほぼ純正ECUの様に動きます。これでインジェクター交換やエアフロ交換などチューンが進むとスポイルされ気味な細かい調整が格段に良くなり、変更後も純正ECUと同等の性能が発揮されます。
詳細は徐々にお届けします。

とりあえずER34から、なぜならNEO6のECUで困っている人多いので。

sandaautocreate at 18:49コメント(0)トラックバック(0) 

2010年10月21日

             IMG_0168
AE86+5バルブエンジンハーネス製作、ダイレクトコイルタイプへ変更で、機械的にまとまる感じなのでハーネスもぼちぼち目立たない感じに仕上げます、ノーマルハーネスを分解するのがちょっと嫌いです。
            IMG_0169
ちょいまとまった感じになります。いらないハーネスを取り除き、少なくなり作業もしやすくなります。
           IMG_0173
仮組がほぼ終了、ハーネスはなるべく細くし目立たない様に工夫します。
ハーネスが目立つとやっぱりカッコ悪いので。
           IMG_0172
そしてまたランサー、向かって右側がノーマルだとハーネスぐちゃぐちゃ状態、結構まとめます。
           IMG_0170
バッテリーブラケットも外し、ハーネスも最低限に引きなおします。これでも結構な時間を費やしました、三菱、強敵な感じですが、パイピングが通るのでそんな気にならないかなと思います。
          IMG_0171
製作したパイピングをとりあえず置いてみると、自分で良いな、なんて思ってみたり。パイピングレイアウトはアメリカ雑誌に出ていたランサーが記憶からでたので、ちょい意識しました、本当はスロットル前をストレートに使う為ですが、ランサーでこんな感じで考える人いないですね、ですが、機械もカッコイイ良く、機能した方が良いと思うので。ついついやってしまいます。





sandaautocreate at 20:08コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月21日

IMG_3369トラック業界も着地ぷっりを競うところから、もっと低くで、ルーフ低くとかで大変のようです。このハイラックスはトラック業界では違う観点で見せるを考えた、ユーザーの依頼でエンジンルーム作りす。シンプルにエンジンだけ浮いた感じに仕上げたいなと思うし、しかし、ブル見たいな感じだと玄人には受けるけど玄人ではない人だと・・・・・・・になりますから。光モノも入れていこうかなとも考えます。


IMG_3370
が、しかし、入庫した段階でエンジンかかる状態じゃない!!
以前のユーザーがバラシタまんまで、ハーネスグチャグチャこの敵もまた列!!
調べると、前ユーザーとアメリカにあった時にもハーネスが触られている状態、、ちなみに左ハンです、触られたハーネスがいかにもUS、材料ぽい。 これは、やりがいありすぎですね・・・・・

sandaautocreate at 23:30コメント(2)トラックバック(0) 

2010年08月11日

IMG_3347IMG_3348X5オルタネーター交換

V型なのでスペースがないです。この状態までがイロイロばらしました。ばらす前だと、見えないです。



IMG_3349水冷式のオルタなのでケースか抜きとります。冷却水の交換も同時に行います。

組付けて電圧を測定し、冷却水エア抜きして
完了です。





sandaautocreate at 17:53コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月08日

IMG_3335エアコンユニット脱着です。






IMG_3336分解すると枯れ葉だらけで詰まり気味。

IMG_3337エキパンの交換。
IMG_3339エバポレーター洗浄で詰まりを解消
IMG_3340



コンプレッサーからもガス漏れの跡があるので
コンプレッサー交換です。

IMG_3342リビルトに変更
IMG_3344
リキッドタンクも交換です。コンプレッサーが異常ある時は同時に行います。

これでガスを入れればエアコンの修理完了です。


猛暑でエアコン修理が多くなりました。

sandaautocreate at 19:50コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月06日

エアコンガス漏れ修理です。ガスが入っていれば冷え状態で機能的には問題なさそうで助かります。

IMG_3325

エキスパンジョンバルブがもう手に入りませんここのOリングから圧力が高いとガス漏れします。

IMG_3322新しいOリングを機械部品から代用し、リング溝も研磨で対応しガス漏れに対応しました。







IMG_3324ユニットの接合部はフレアーでシールワッシャーで確実性をたかめます。






IMG_3331エンジンルームのホースも圧が高いと漏れるようです。ユニットが漏れなくなりホースに負担が
かかるようになったからで、この様な事は良くあります。
ホース入手困難なので、製作です。
組み付けしガスを入れたら涼しい330の完成です。


sandaautocreate at 22:20コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月05日

IMG_3260IMG_3261
左がエアコンユニット内部 右がファンから風の通路

風が出ないとかでユニットのつまりが考えられますが
通路の接続部分で風が逃げるなんて事もあります

しかしここ最近は本当に暑く、エアコンが故障でも
たえていた旧車の方も修理を考えるくらい熱いですね。

S&Aではエアコン修理なども行っています。

旧車でお困りの方、暑さにたえず修理して
快適に夏を乗り越えてください。



sandaautocreate at 21:22コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月17日

IMG_1182

WOLFのECU、フルコンです。
色々なエンジンに対応します。
詳細はまたの機会に!

興味があるので、それまで待てないという方は、ご連絡ください。

sandaautocreate at 19:50コメント(0)トラックバック(0) 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ