2013年11月25日

4G63ポート エンジンオーバーホール+ セッティング?

昨日の内容から。気体の動きを作ると考えればもうこの段階でウチはセッティングに入っています。コンピュータを触るのがセッティングなのか?自分達が考えると調整にすぎないと思います。ただ完成した機械がこちらの要求に応えるかどうかを見極めるべく調整するだけと考え。要求に応えない場合には機械が悪いと判断し調整を中止する事も多くあります。そこで必要以上にコンピューターをこねくり回しても出ない物は出ないのです。むしろ、壊すことに繋がるので深追いはしません。そんな機械として成立していない事が多々繰り返すともう機械が完成した時に全てが決まっていると思うので、初期段階から目指す方向や動きを決定して組み立て行くしかないのです、もし、それが大きく外れているならば再度、組み立てを行うしかありません。確かに組み立てた物を壊すのですから、それに対してすがりたい気持ちも分かりますがそこにはもう、求める物がないのですから潔く再構築します。だからこそ、簡単に再構築が出来ない部分はしつこい位がちょうど良いのです、組み立ての時に温度に対してフローに対して強さに対してを必要のない拘りはせず決定していくのです。簡単にはいかないのです、簡単に行くのはただの量産型、市販で積み木にする事も大切かもしれませんが、市販の量産型を求められて仕事をしてる訳ではないのだから。相手が相手だと手厳しいのです。。。 ( ´ ▽ ` )ノ
画像1


sandaautocreate at 17:14コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ