2010年07月04日

シルビア SR20DET S15

            IMG_3183メタルは油温高めでキズ
            IMG_3185ブロック側はも同様
            IMG_3200
ブロックを洗浄後メタルクリアランスを点検します昨日は湿度が高いので湿度も考慮しメタルクリアランスを決定、よく温度は気にしますが湿度も考慮していきます。この状態でメタルにオイルをたっぷりと塗りクランクを載せます。組み付けペーストなども使いましたがやはりオイルたっぷりがフローティングになります。ペーストだと流動性がないので難しいと考えます。
            IMG_3203
ラダー付きなのでオイルをたっぷり塗りゆくっりと丁寧にボルトを締めていきます。ボルトの締めは解説書に従います。ボルトは一度必ず緩めなければメタルの座りが悪くなるので一度緩めます。
      
クランク単体組み付け点検の動画です、フローティング状態なのでほぼ

指先で軽く回せます。この軽さが分かるかな?
                   自分かなりマニアなので・・・・・・
                    
このクランクがS&Aエンジンの特徴です。
  


sandaautocreate at 11:55コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
エンジン | 日産

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ