2009年08月25日

ローバーミ二 Wバルブスプリング製作

IMG_2072IMG_2080

カムシャフトを製作するにあたり、
カムプロフィールがノーマルより格段に向上して高回転が良くなるため、
バルブスプリングをWスプリングで製作しました。

バルブタイミングの調整を行う事でカムシャフトの特性は高回転と書きましたが、
アイドリングから高回転までとてもスムーズに回ります。
そしてトルクも1300ccとは思えない程向上します。

またマフラーから水が大量に出る状態になり、
この状態は燃焼がすごくいい状態という事になりしたがって、
出力向上につながりました。

ミニのカム+ヘッドパーツはかなりお勧めです。

sandaautocreate at 21:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
S&A special | 外国車

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ