2012年12月

2012年12月14日

IMG_4151
本日、届きました。S14、240SX、KOUKIフロントバンパー、レンズ、グリルなど。とりあえずレンズ類入れてみました。

IMG_4150
やすっぽいクリアーレンズではありません。本物ですこれからS14、240計画が始まるかなと。 


sandaautocreate at 14:42コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月07日

IMG_4098
クランクキャップも各単体点検で納得が出来たのでクランクシャフトの組み付けに入ります。そこそこ重量もありウェイトも大きな感じなので一応、内燃機加工で曲がり点検、バランス加工を行いました。そこそこ重量のあるクランクは剛性的や力の伝達に優れていると考えているので好感がもてます。
IMG_4099
清掃もしかっりと行い準備が徐々に整います。 
IMG_4100
 気温や湿度を考慮し計測したメタルを入れていきます。四季に合わせた計測が必要かなと考えています。メタルは光るくらいまで拭き上げます、光ると言う事は表面の凹凸がない状態なのでオイル流動が早くなる事につながります。メタルはオイル流動が温度を下げるので滞留することは温度上昇につながります。では油膜はと考えますが、そこは油圧でフローティングなので問題がありません。メタルと接触するのがエンジン停止や始動時に油圧が無い状態で接触します。だからラッピングなどがあります流動を上げる処理です。と言う事はメタルに油膜保持する表面処理は保持したらダメなのでダメですね。
IMG_4101
クランクキャップも清掃を行い準備が整いました。
 IMG_4102
キャップ側も同じくメタルを入れていきます。
IMG_4103
新品のクランクキャップボルトを使います。新品は防錆がされているので一度、完全に脱脂を行います。ボルトが浸かっているのは手に着くととても痛い劇薬です。これであっさりと脱脂が完了します。 
IMG_4104
 キャップボルトにワッシャーを入れてオイルを塗布し準備をします。
IMG_4105
クランクシャフトを組み付けペーストを塗ったベアリングの上に乗せます。同様にキャップ側にも組み付けペーストを塗っておきます。今回はペースト+オイル混ぜた物を使いました。オイル8のペースト2くらいの割合でペーストが流動するくらいの柔らかさを作り使用します。 ペーストのかじり防止は最高に凄いと思っています。
 IMG_4107
一度クランシャフトを組み付け回転の確認をした所360°の一部に違和感がありましたので分解してメタルを確認しました。ネジを締めれば完成ではなくクランクの回り方で完成なので回り方が気にいらなければやり直しです。メタルにややアタリがあります。この時点でアウトです。1から5で一番回転に影響を出していたのが5番なので5番を徹底的に確認します。アタルならメタルを薄くすれば良いのではと考えますが薄くするのは根本的な解決になりませんので行いません。静的な状態の引き算ではクリアランスがあるので回転の中でおかしな事がお起きるのかそれとも見落としがあるのかを考えて原因を確認した方が良いと考えます。なんでもメタルせいにしてはいけないので。本当はなんでも良いのですよ自分の目指すクランク回転が実現できれば、理屈もクリアランスも。。。。
 IMG_4108
メタルの当たっている部分を良く確認すると線でうっすらと外側で当たっています。キャップ側に問題かなと考えてみます。こんな線アタリでね。。。気にいらない感じが。。。
IMG_4109
 念のために光明丹を使いメタル背面のアタリを確認します。目や計測機では分からない歪みなどが光明丹を使えば分かったりするので。これはメタルだけ入れたアタリ方です。クラッシュが押されていないから全体に当たっていませが、気になる線アタリ部分に強いアタリが見えないので背面は問題がないと判断していきます。主立った原因が分からず2回目の組み付けを神頼み的に組んでみたら、ダメです気にいらない状態でした。やっぱりエンジンは機械です、ごまかしや神頼みは通用しません、そうなるには訳がどこか必ずあるはずです。再度点検します。メタルやボアー側に問題がないと自分の中で決断し、シャフト;側に問題があるのではと考えて点検すると。気に入らない部分がウェイトが上がって来た時に違和感がありアタリが強いのがキャップ側で端の部分を念入りに虫眼鏡を使うくらいに点検すると、なんて表現したら良いか分からない程細い線キズを発見しました、キズは鋭利な感じなのでキズの左右が盛り上がりクリアランスを締めていた様です。あまりやりたく無いですが1500番のペーパーでで盛り上がりを消しました。キズといってもも本当に分かりづらいキズです虫眼鏡で見つけたくらいのです。
IMG_4114

クランク組み付け完了です。回転もまずまず納得が出来ました。一応、私なりの回転点検の動画です。レンチなど一切使わずに回転点検をします。レンチを使ってでは本当の良し悪しが分かりません。レンチを使わなければ回らない状態は失敗と私は考えています。指先に感じる何かが常に悪い方向に向かうと言う事になります。

知人などとエンジンの話しになりますと。私のエンジンはフリクションの表現で例えられますが、フリクションを狙った考えではないのです。如何に少ない力で回転させる事で点検を行うと見える部分があります、なのでクランクの先端で指先で力を入れない状態で回らなければ正直コワイのです。その少ない力で回らなければもうそこにはストレスが生まれているので、回転が早くなればストレスも増大しコワイ物になっていきます、本当に狙いたいのは安定した燃焼温度帯を保持するのが目的になるのです、回転上昇と共に温度上昇をする様ならば燃焼室温度も上昇していくのでそれでは本当の出力が得られないと考えます。なので、軽く回るのは本当はおまけみたいな物なのです。 


sandaautocreate at 22:20コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月05日

IMG_4089
SW20 3SGEの為の下準備です、3SGE用のピストンは入手が難しいのでARIASにカスタムオーダーしました。コチラの要望を伝えて出来上がりました。
IMG_4090
凸ピストンはあまり好きではないのですが、コンプレッションの関係でどうしても必要な場合は凸部分を丸い感じになっているのが良いと思います。ARIASも丸なので気にいりました。
 IMG_4091
箱にスタンプでスペック表がありました。良い感じです。徐々に準備が進んでいきますね。


sandaautocreate at 22:36コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月03日

IMG_4084
FJ20クランクキャップはキャップ側にもオイル溝があります。これはキャップ側のメタル温度を押さえる構造になっています、この作りと同じなのがRB26です、FJもやはり意識が高いエンジンと考えられます。古いエンジンなのでキャップもしっかりと洗浄して気になる部分をチェックします。
IMG_4085
ボルト座面を確認すると丸い傷がワッシャ分あります、爪にかかるので再度、良く点検を行うと ほぼ全てのキャップに跡があります。ボルトとワッシャーの意味を考えるとこの傷は見逃せないので自前で傷を消す事を決断しました。古いエンジンだと長い間締められているので座屈も確認は出来ましたがこれは難しので。
IMG_4086
座面の傷消しをしたのが右、そのままの状態が左です。ツメにかからなくなりましたが深い傷は取れませんでした、深い傷を追ってしますと自前では面が出なくなる可能性が大なので、面と傷のバランスで終了します。座屈は機械加工で修正も考えましたが今回、使用のワッシャーをうっすら光明丹を塗り確認すると以外にキレイなアタリになるのでOKとしました。
IMG_4087
全クランクキャップ終了です。なぜ座面が荒れてるといけないかですが、ワッシャー&ボルトの意味を考えると先ずボルトは伸びながらクランクキャプを引っ張るのでボルト自体は基本的に縦方向の力で使いたいのですが、ねじなので回転すると首下座面に横方向の力が入ります、これは完全にねじれになるのでワッシャーでねじれを上手く滑らせて力を逃がす事で首下で発生するトルクではなく本当の意味でのトルクにしなければいけないのでワッシャー座面はとても重要になります。

IMG_4088
 ブロック側のネジ部も念のために修正していきます。これも上記の理由で行う事になります。ネジ部にストレスを与えずにボルトを使う事が目的です。

IMG_4095
キャプワッシャーです、左がFJ右が同サイズボルトで全長の長いボルト用のワッシャーです、長いボルトで同サイズでテンションはかなり高い物なのでワッシャーも固く回りやすい物です、今回はこれを使う様にします、ノーマルだと柔らかい感じなのでヘッド面に負けて回転キズや歪みがあるのでキッチリとトルクを使いたいので使用しません。


sandaautocreate at 22:04コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月01日

IMG_4080
先ずは下準備。ボーリングが終わり今度は組み付けの前の下準備、タイミングチェーンなのでフロントケースからも内圧のガス流動が起きやすいですが、さらにガス流動を上げる為に青印に22mmの穴を開けます。内圧が高いと回転物の抵抗にもなり、タービンのセンターハウジングからもオイル漏れが起きやすくなります。また、回転抵抗が軽いエンジンになる為に内圧が上がる傾向なので外部タンクを設けクランクケース容積が増る状態を狙います。
IMG_4081
リヤ側に穴をあけました。フロント側はフロントケースでガス流動するので、リヤのブローバイ通路に穴を開け容積確保のタンクをバルクヘッドに製作し連結していきます。先ずは準備からです。
BlogPaint

 簡単にアルミパイプハス切りでエルボーを溶接で製作。 
IMG_4083
 またまた、訳の分からない話が続きますが、自分が納得できなければ最後になって納得ができないと辛いので今を納得出来る事で進めていきます。エンジンに祈りや魂は込めませんが自分の魂を削る覚悟で作らなければ良い物は出来ません。しょせんエンジンは機械なので。。。。。


sandaautocreate at 18:18コメント(0)トラックバック(0) 
エンジン | 日産
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ