2010年03月

2010年03月31日

DVC00001
S15エンジンルームでコアサポートだけですが、穴埋めがおわりサフェサーをいれました、これでコアサポートはスッキリした感じに見えてきました。

sandaautocreate at 20:08コメント(0)トラックバック(0) 
日産 
510ブルーバード用カーボンボンネット、入庫している、ブルーバードはフェンダー等が外れていますが、とりあえず置いてみました。重量を軽く制作しています。片手で持てるくらいの重さと言えば分かりやすいでしょうか、強度は実際にサーキットで走らせても問題ありません、もちろんフィッティングもOKです。buruB1
buruB
ズースで止めるとすごくかっこいいと思います。ちなみに価格は¥55000(税別)です、その他外装パーツも検討中ですのでご期待下さい。

sandaautocreate at 19:56コメント(0)トラックバック(0) 
S&A special | 日産

2010年03月30日

ブル溶接2ブル溶接1






SR20DET搭載の510ブルーバードをエンジンを降ろし余分な開口部を埋めてスムージングしています。開口は溶接で埋めていきます。


sandaautocreate at 19:00コメント(0)トラックバック(0) 
日産 

2010年03月28日

BlogPaint27th
27meter
27EX
27eg
TE27レビンにセリカ(ST200系)3SGを搭載です、メーターは全てデジタルです。

sandaautocreate at 19:48コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー | エンジン換装
デボネア+2JZ搭載です、2JZに変更で快適な走行を手にいれました。

BlogPaintBlogPaintBlogPaint

sandaautocreate at 19:26コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー | エンジン換装
IMG_2548IMG_2547IMG_2544







ブレーキタッチが悪いなと思う時がありますが、マスターシリンダーを疑うのは最後になりがちです、取り付け状態でマスターの下が濡れていたら、マスターです、取り外してみると、写真のようになっていました、車両はS12シルビアでFJ20搭載車です、以前にエンジンをO/Hし調子良く走っていたのですがここ最近ブレーキのタッチの悪さから点検してみました。年式の古い車両は注意した方が良さそうです。

sandaautocreate at 11:57コメント(0)トラックバック(0) 
日産 

2010年03月27日

BlogPaint

 510ブルーバード+SR20見た目だけではないのです。

sandaautocreate at 22:38コメント(0)トラックバック(0) 
ギャラリー | 日産

2010年03月26日

IMG_2722IMG_2723ランサーのメンテナンスです、ブレーキ点検、タイヤ交換、オイル交換などです、近日に富士でタイムアタックがあるようでそのためです。
ブレーキはパッド残量と目視点検、ap6なので残量がないとブレーキパッドがすぐに手に入りません(好みの物)ですのでこまめに点検です、タイヤもA050 245/40-174本交換です、050は熱変化が少ないみたいで使いやすいみたいです。IMG_2724
このランサーはナックルがEVO7以降に変更されていますのでサスペンションの点検も行います、ロールセンターアジャスターも専用で制作し変換しています。EVO7以降のナックルの方がブラケット剛性が高いのでフロントの入りも良くなります。続きを読む

sandaautocreate at 15:01コメント(0)トラックバック(0) 
三菱 

2010年03月25日

5E15E35E2






トヨタエンジン5E型エンジンの加工カムです、エンジンはターボでもともとNAの設計のカムをプロフィールをターボに変更しIN264 8.3㎜リフト
EX272 8.3㎜リフトにしました。またハイブーストに対応するためのプロフィールを考えると同時にロングストロークのエンジンを高回転まで回るようにしました、バルタイは調整ができないために固定で切削段階で中心角を決定していますので、クリアランス調整だけで性能が発揮できる作りです。その他カムシャフトもありますのでご興味ある方はご連絡ください。


sandaautocreate at 21:19コメント(0)トラックバック(0) 
S&A special | トヨタ
caCA3CA2






CA18DETの吸気ポートを考慮し、ノーマルのインマニ形状の悪さを改善し吸入効率を高めるためにタンク内にファンネルを設け霧化効率をUPし、トルクの増大を図ります。よって大容量化されたタンクが高回転域まで十分な空気量を確保し、高回転までトルクの持続が可能になります。
製造方法は鋳物からの制作で強度に対しても優れています。その他エンジンも製作可能です。

sandaautocreate at 21:05コメント(0)トラックバック(0) 
S&A special | 日産
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ