424

S&A オートクリエイト
254-0073神奈川県平塚市西八幡4-7-7
<地図はこちら>
TEL 0463-23-8191
FAX 0463-23-8193
s-and-a@s5.dion.ne.jp

2009年08月25日

IMG_1120IMG_1122

4A-Gエンジンのクランクシャフトジャーナル部分を、
WPC+モリブデンショット加工。

一般的にWPCは部品全部に行いますが、
鍛造ピストンは、トップと裏の部分をWPCにて強度アップ。
ピストン側面はモリブデンショットと、
部分的に使い分けることにより、効果が上がる様に適切に行います。

sandaautocreate at 21:41コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
エンジン | トヨタ
IMG_1030IMG_1035

アルファードツインターボは、
製造から年数も経っているため、ブローバイの量が少し多くなり、
そこでブローバイキャッチタンクを製作することになりました。

まずエアクリーナー等を外し、スペースを検討。
タンクの中で仕切り板にガスがあたるようにして、
オイルとガスを分離する目的の作りとし、
サクションパイプにオイルが廻らないようにしました。

アルファードのO2フィードバックは賢い感じなので、
オイルが燃焼室に入り異常燃焼でリッチ状態になると、
ABSやVSC等の機能が働かないので、装着をお薦めします。

sandaautocreate at 21:39コメント(2)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
S&A special | トヨタ
IMG_0947IMG_0958

電装トラブルのAE86を点検修理。
コンピューター電圧降下のトラブルを、ハーネスを分解し、
上流からテスターを使い電圧降下のポイントを探っていきます。
年式の古い車両は、電装トラブルの場合には、
必ずこの様な状態で根本から修理をしていきます。

sandaautocreate at 21:36コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
電装 | トヨタ
IMG_0929

HONDA B18Cにマーレーピストンを組み込みました。
ピストントップに注目です!
かなり盛り上がり、圧縮比も高圧縮でパワーが出る状態になります。
見た目も相当いいですね!

sandaautocreate at 21:34コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
エンジン | ホンダ
IMG_0610

ランサー EVO6をツインオイルクーラー化しました。

アルミパイプでオイルクーラーの連結ラインを製作し、
オイルクーラーを左右に振り分ける事によって、
油温管理の厳しい4G63でも、
サーキットを連続走行することが出来る状態になります。

sandaautocreate at 21:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
エンジン | 三菱
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ