424

S&A オートクリエイト
254-0073神奈川県平塚市西八幡4-7-7
<地図はこちら>
TEL 0463-23-8191
FAX 0463-23-8193
s-and-a@s5.dion.ne.jp

2009年09月17日

IMG_1105

カプチーノがエンジン不調で入庫。
いろいろ点検し、エンジン本体と思い分解してみると、
ピストンが凄い状態でした。

当然オーバーホールをし、良い状態で組み付けました。

余談ですが、軽自動車のエンジンでターボ付の場合、
クランクシャフトの組み付けが良好になると、
ブーストの立ち上がりがとてもよくなります。

sandaautocreate at 19:43コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
軽自動車 | エンジン
IMG_0889IMG_0890

車検で預かった30Zですが、点検をしているとライト右が異常に暗い状態です。
故障を探るためにハーネスを分解したところ、
ライトの電源ラインの分岐カシメ部で接触不良を起こしていました。

sandaautocreate at 19:41コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
日産 | 電装
IMG_0802IMG_0806

1973年型ベンツ630SLのスターターが、
時々回らないとの事で修理依頼がありました。
ところが、スターターを探すと、EXマニの内側にあって、
EXマニを外さないとスターターにたどり着けないことが判明。
V8エンジンの片バンクを外しました。

パズルの様な形状で製作されたEXマニのおかげで、一苦労です。
スターターにたどり着き配線をチェックすると、過電流で変色していました。
スターター本体の異常のようです。

本体のオーバーホールを行いパズルの様なEXマニを組み付け、
無事修理完了となりました。

sandaautocreate at 19:40コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
外国車 | 電装
IMG_0275IMG_0276

TE27に3S-Gを搭載した車両です。
スロットルボディはオリジナルの48Φ独立。
また、配線等も徹底的に目立たせない様にして、各部品のレイアウトにも拘りました。

結果、作りこみすぎて、そこに3Sがあるのが普通の状態になり、
違和感がなく、もっと華を作ればなとも思った一台です。

この車両から、オーストラリアのフルコンWOLFを使用しましたが、
最初は大変なコンピューターだなという印象でしたが、
エンジンがかかりフィーリングを感じていると凄く良いのです。

演算も早く、いい加減な状態でもエンジンは良い反応をします。
キッチリと調整をすると、楽しいエンジンになり、
なおかつ始動や日常使いも楽な一台になりました。

sandaautocreate at 19:39コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
トヨタ | エンジン換装
IMG_0243IMG_0227

ノスタルジックカーショーに、
S&Aで製作した、3Sを搭載するTE27を展示いたしました。

高速有鉛デラックスにも登場した、デジタルメーターが並ぶ、あのクルマです。

ご訪問いただきました皆様に、心より感謝いたします。

sandaautocreate at 19:37コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
ギャラリー 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ